まさひろの『複雑怪奇雑文雑多』

まさひろが米国株投資、読書、レトロゲームなどの情報を発信する文章中心の雑記ブログ

ドミニオンエナジーの2019年決算発表まとめ。2019Q3。

1.ドミニオンエナジー2019年3Qの決算

アメリカの公益企業ドミニオンエナジーの2019年の決算のまとめです。今回は11月1日に発表された2019年の第3四半期決算を追加しました。

 

Dominion
Energy
Operating
Revenue
前年比 Income from
operations
前年比 Operating
Earnings
前年比 EPS 前年比
2019Q1 3858 111.31% -482 -55.09% 873 117.81% 1.1 96.49%
2019Q2 3970 128.56% 461 62.13% 619 110.54% 0.77 89.53%
2019Q3 4269 123.70% 1314 114.26% 967 127.57% 1.18 102.61%
2019Q4   0.00%   0.00%   0.00%   0.00%
2019 12097 90.51% 1293 35.91% 2459 92.76% 3.05 75.50%
                 
2018Q1 3466 102.42% 875 81.09% 741 121.28% 1.14 117.53%
2018Q2 3088 109.78% 742 98.54% 560 133.02% 0.86 128.36%
2018Q3 3451 108.56% 1150 99.83% 758 112.80% 1.15 110.58%
2018Q4 3361 104.70% 834 87.51% 592 101.20% 0.89 97.80%
2018 13366 106.20% 3601 91.47% 2651 115.81% 4.04 112.53%

 

発表された内容は好調でした。2019年第3四半期の数値は「OperatingRevenue(売上高)」は前年123%、「Income from operations(営業収益)」は前年比114%、「Operating Earnings(営業利益)」は前年比127%、「EPS」は前年比102%でした。

 

2019年通期のEPS見通しは、

"Year-to-date results and our fourth-quarter outlook are supportive of a narrowing of our existing 2019 operating earnings guidance range to $4.15 to $4.30 per share."「年初来の業績と第4四半期の見通しは、既存の2019年の営業利益のガイダンス範囲を1株当たり4.15ドルから4.30ドルに狭めることを支持しています。」(ドミニオンエナジーホームページより抜粋。グーグル翻訳から)

と4.15〜4.30ドルの範囲となっています。仮に会社見通しの4.15〜4.30ドルの範囲だとすると、2018年通期のEPS4.04ドルを最低でも2%は超えることになります。

 

2.ドミニオンエナジーの業績は好調

ドミニオンエナジーの業績は好調です。2018年はEPSは前年比12%の成長率、2019年もこのままいけば最低でも2%の成長となります。公益企業なので成長率はないイメージがありましたが、数%でも成長してくれれば配当金の原資も稼げるので喜ばしいです。

 

関連記事:

www.masahirosideincome.com