まさひろの『複雑怪奇雑文雑多』

まさひろが米国株投資、読書、レトロゲームなどの情報を発信する文章中心の雑記ブログ

【アマゾンで買い物】小分けにされたアーモンドを買った。美味しいけど食べすぎに注意。

 1.アマゾンでアーモンドを購入

アマゾンで小分けにされたアーモンドを購入。

 

 

アーモンドは体に良いと聞いたので、アマゾンで購入したのは今回で3回目となる。商品の感想としては普通においしい。それに小分けされていて食べる分量を調節できそうなのがいい(私は調節がうまくいかなかったが詳細は後述)。

 

お値段2090円で小分けにされたアーモンドが36袋入っている。計算すると1袋約58円。購入した人間としては1袋58円は高くないと感じる。食べるのを1日1袋で我慢できれば健康に良いみたいだし味もいいので悪くない。ただ1日1袋で我慢できるかが問題だ。アーモンドはあんまり食べすぎると良くないみたいなので、分量を調節できる人にはいいかもしれない。

 

2.商品レビュー

まず味は悪くない。というか美味しい。よくスーパーなどで塩をしたアーモンドが売っているが、この商品は無塩だ。スーパーで売っているものは塩と油がべっとりしているが、この商品はそんなことはない。無塩であっさりしている。アマゾンの商品ページで「新鮮」と書いてあったが、たしかにスーパーの商品に比べると新鮮な感じは受ける。アーモンドで新鮮とはどういうことかと思うだろうが、あっさりしているというか食感もいいというか。アーモンド自体は決して悪くない。

 

3.小分けにされているメリット・デメリット

この商品の最大の特徴はアーモンドが小さく密封された袋に小分けされていること。個人的な考えだが、小分けするメリットはあると思う。新鮮さを維持するのに役立つ。

 

大きな袋に入っているものだと、アーモンドが劣化してしまう。科学的な根拠など知らないけれど、自分の経験上、一度袋を破ってしまったアーモンドは次に食べるときに少し湿気がある。チャック付きのものでもそうだ。しかしこの商品は小分けにされているので食べるごとに新しいものが食べられる。私が食べてきた限り湿気ていることはなかった。その点が小分けにするメリットではないか。

 

あとメリットになるのか、デメリットになるのかわからないが、小分けにされていることで食べる量を調節できるかどうかだが、それは個人によると思う。私は1袋でやめられることは少なかったorz。1袋の量だと大人の男には明らかに少ない。お菓子やおつまみとして食べると明らかに物足りない。2つ3つはつい食べてしまう。1袋の量が28gということだが、意外にもう少し多めの量が入っていたほうが1袋でやめられるのではないだろうか。

 

この分量の調節は個人によるものだろうとは思う。普通に1袋でやめられる人もいるだろう。1日1袋でやめられる人にアーモンドによる健康効果は高いと思う。逆にあんまり食べすぎると健康に悪いこともあるようなので、食べすぎるくらいなら買わないほうがいいかもしれない。

 

4.アマゾンレビューは気にしないほうが良い

アマゾンで頻繁に商品を購入する人は気が付いているだろうけれど、アマゾンレビューの信頼性はすごく高いわけではない。「この商品は良い商品だ」と誰かがレビューに書いていても自分には合わない場合やその逆もある。そしてレビューの信頼性はこのアーモンドにも当てはまる。この商品の質に対し良いレビューと悪いレビューが混在している。

 

私はこのアーモンドを3回購入したが、品質の悪い商品(湿気たものや形の悪いもの)は見たことがない。しかしレビューにはアーモンドは湿気ていた、欠けていたなどのレビューがある。まあかなり低い確率でそういうものもあるかもしれないが、私に関しては一度もなかった。レビューを過度に気にしすぎて「この商品は悪いものだ」と決めつけるのは商品の本質を見ていないことになる。