まさひろの『複雑怪奇雑文雑多』

まさひろが米国株投資、読書、レトロゲームなどの情報を発信する文章中心の雑記ブログ

ブログ記事50記事達成。スタイル固まるも合格しないアドセンス。

1.ブログ50記事を達成

前回ブログにアップした、

 

www.masahirosideincome.com

 

という記事でブログ記事50個目を達成した。ただ以前やっていたブログでは1000記事くらい書いていたので特に感慨は湧かない。それでも少しずつこのブログが自分のものになっているなという感覚がある。少しずつ自分が自由自在に操れるブログにしたい。

 

しかし50記事というとけっこうなボリュームではある。私の記事はだいたい1500文字なので約75000文字になる。新書1冊で10万字と聞いたことがあるので、新書を少なくした分量の文字を書いていることになる。このペースで続けるとどれだけの文字を書くことになるのか。これだけの文字をお金のやり取り無しで書いているのだから、私は書くことが嫌いではないのかもしれないと少し誇りに感じる。

 

2.ブログスタイル固まる

最近になってブログのスタイルが固まってきた。当ブログはいわゆる「雑記ブログ」に落ち着きそうだ。ブログを始めた当初は、米国株投資に特化したブログを作ろうと考えていたが、投資の記事だけでは自分が面白くないと感じた。前回やっていたブログがそうで、継続に行き詰まりを感じたのだ。だから今回は自分が興味のある、いろいろなことを書いていこうと考えた。読書、ゲーム、ブログ運営など投資以外のことも書いていこうと考えている。

 

しかしそれと同時に(あろうことか)つまらないことを考え、「SEO的に雑記ブログはよくないしな」「ブログ村経由のPVは投資関連の記事じゃないと稼げない」などと助平心を出していた。今でもそういう気持ちが残ってはいるが、やはりまずは自分が楽しむことが1番大事だと気づいた。それにこのブログの記事はグーグル経由でたくさんPVが来るようなブログじゃない。seoを考えても意味がないということで、「まさひろの『複雑怪奇雑文雑多』」は雑記ブログでいくことになった。自分が書きたいことを書くのが1番いい。

 

またもう1つスタイルが固まったことがある。それは記事を書くときに「起承転結」で書くことにした。厳密にいえば「とりあえず4段落にわけて書く」ということだ。

 

この4段落に分けて書く方法は自分に合っている。私はブログを書くとき、書きたいことが頭の中に浮かんでは消え、浮かんでは消えということを繰り返すことが多い。書きたいことが頭に浮かんでくるのだ。問題は書きたいことが多くあってどうやって書いていいのか、話をどうやってまとめればいいのかわからなかった。いかに消化するかということだ。それが4段落にわけて書くようになってから、すっきりと書けるようになった。具体的にはまず起承転結の『起には〜〜を書く、承には〜〜を書く、転には〜〜を書く、結には〜〜を書く』とそれぞれに書くことを決める。そうすればあとは自然に書ける。読者目線ではどう映るかわからないけれど、書いている本人からすればすっきりとスムーズに書けるから気分がいい。

 

3.アドセンス不合格

ブログのスタイルが固まったのはいいけれど、いまだにアドセンスに合格できない。

 

www.masahirosideincome.com

 

この記事をアップしたのが10月4日のこと。それから何度も申請し、ポリシーに違反しそうな記事を下書きに戻した。それでも駄目なので2週間あけて再度申請した。それでも不合格。今ではもう諦めているが、時間があるときにはどうやれば合格できるのかという記事を見る。

 

記事の質とかポリシーの問題もあるのかもしれないが、独自ドメインを取得したことにより、リダイレクト機能を作動させないといけないのかもしれない。ただそのあたりのことは正直よくわからないので、どう行動しようか迷っている状況だ。

 

4.アドセンスに合格しなくても続ける

アドセンスには合格しないが、自分のブログスタイルが固まってきた。今はブログを書くのも更新するのも楽しい。だからアドセンスに合格しなくてもブログは続けるだろう。自分のブログを1つずつ完成させていくのは楽しいことだ。