まさひろの『複雑怪奇雑文雑多』

まさひろが米国株投資、読書、レトロゲームなどの情報を発信する文章中心の雑記ブログ

VTIの分配金増配率推移。増配もきちっとこなす万能ETF。

投資家に人気のETF、バンガードのVTIの分配金増配率を紹介します。VTIは私も保有していますが、VTIは優秀なETFです。株価は底堅いし、分配金の増配率も結構高い。個別銘柄はなにか悪いニュースがあると、市場が穏やかなときでも平気で5%くらい下がることがあります。VTIでそこまでの値下がりは通常はないです。VTIは株価も分配金に関しても余裕を持って保有できる銘柄です。

☆目次

a.VTIの配当金増配率推移グラフ

f:id:masahiro_e:20190905201639p:plain

青:分配金額 赤:増配率

2010〜2018年のVTIの分配金は安定的に増額しています。増配率も安定的に推移しています。2010〜2018年の期間は、VTIの株価も順調に推移していますから、増配と株価上昇で投資家にとってはとても良い期間でした。

b.2010〜2018年の平均増配率は10.15%

VTIの増配率は結構高くて、10.15%あります。この数値は並の連続増配銘柄よりかは高い数値です。高配当でなおかつ連続増配のAT&Tの増配率は、2%くらいですからVTIのそれは優秀です。P&Gやコカ・コーラといった王道銘柄よりも高いのではないでしょうか。

 

ただVTIは連続増配に着目したETFではないので、増配がずっと続くと考えるのは危険です。やはりリーマン・ショックのときには減配しています。配当金生活を考えている場合、VTIを主軸に考えるのは危ないかもしれません。配当金生活の場合ならば、VTIはポートフォリオの一部に加えつつ、連続増配銘柄に分散投資したほうがいいと思います。

 

www.masahirosideincome.com

 

c.現在の配当利回り(2019.9.5)

VTIの現在の配当利回りです。

f:id:masahiro_e:20190905204138p:plain

配当利回りは1.84%です。見てわかるとおり、VTIの配当利回りはそこまで高くありません。VTIの特徴は「米国株式市場全体に投資する」ことで、配当金に着目したものではないですから、これくらいが妥当かと思われます。しかしVTI1つで市場全体に投資しながら、なおかつ分配金まで貰えると考えるとオトク感が出てきます。

 

d.投資家から見たVTI

VTIは優秀なETFであり、有望な投資対象です。配当金という観点から見ると、増配もきちっとこなし、株価の観点から見ても着実に上昇しています。個別銘柄のリスクもないこともメリットです。

 

総合的に考えると、投資家ならポートフォリオの一部に加えたい銘柄。私のように個別銘柄で嫌な思いをした人には特におすすめですwww。